新車などに買い替えをする場合に、これまで乗っていた車を購入先

車を買い替えたいと思っています。



今所有している車は国産車ではないのですが、巷ではあまり見かけない車種ですから、どれくらいの金額で買取してもらえるのか気がかりです。二社以上の買取業者に実際に見て査定を行ってもらえるようにお願いして、見込みよりも安い価格を提示されたら、競売にかけるなども考えた方が無難かもしれません。自分の車は何年か前に事故を起こしており、フレームを直してもらったことがあるので、履歴としては修理歴有りということになります。しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。

業者に買取を依頼する際に修理歴は言わなければならないのでしょうか。



後になってそれを理由に減額を請求されても嫌ですし、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。そうしたリスクを勘案すると、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。

中古車の売却においては、走行距離が10万キロを超えているような車の場合、業者に査定してもらっても買い取ってもらえない事がほとんどです。ですが、いくつか例外もあります。



具体的には、タイヤがまだ新品であるとか、車検がまだ半年以上残っているような場合など、なにかしらの値打ちがある車両であれば価値が上がる可能性が高いです。
一軒だけでなく、複数の中古買取業者に相談するのがお勧めですね。買い取り業者の実車査定では車種やメーカーのみならず、車検証を見て、そこに書かれた年式、グレード、ボディカラーの確認をするのも基本中の基本です。また、機器などの動作チェックや外装も目視チェックも寸刻みに行われますし、それからエンジンルーム内の点検も必須であり、そういったことも含めると、査定自体にかかる時間というのは少なくとも15分、おおむね30分は見ておいた方がいいかもしれません。近年、車を買取に出す際に、WEB査定の利用が一般的と思われます。一括査定を利用すれば、わざわざ店まで行かなくても複数の業者の査定額を見て比較することが可能です。ただ、WEB査定は単に目安を示すに過ぎないので、その後の現物査定の際により低い額になってしまうのは覚悟しておきましょう。それに、WEB査定の時点ではそこそこ良い金額を出しておきながら、現実の査定では安値を付け、契約するまで帰らない、非常に悪質な業者もあります。



原則的に、車査定において持っていなければならない国家資格はありませんが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型と大型車に分別されています。

実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと取れませんから、中古自動車査定士の資格があれば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。


買取のお店に行く暇がなかったとしても、中古車の見積もり可能なWEBサイトはあっちにもこっちにも出来ています。


細かな具体的な見積金額に関しては査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことにはなんとも言えないところはありますが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、今の時点で自分の車が概算で幾らぐらいするかが分かります。それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。


定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、中には嫌がる人もいますので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によって変動するものなので、その流行のタイミングによっては一定のカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。一般的に買取業者が中古車を見積もるときに見る点と言ったら、大きく分けると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップする場合としては、たとえば最新式のオーディオやカーナビなどが付いている場合です。


これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、最終的な査定金額が表示されるのです。



車の売却を考えている方は、書類も揃えておいた方が計画がスムーズに進むでしょう。


買取に必須の書類は車検証、保険料納付書、車庫証明です。


車両のマニュアルがあれば、その分査定額に上乗せされるでしょう。

入手に意外と時間がかかるのが車庫証明です。

後で焦らないように、早めの準備をした方が良いのではないでしょうか。